ジャズドラム

井上功一プロフィール

1969年生まれ 山口県山口市出身
高校在学中にドラムをはじめ、マイルス デイビスを聴いて、JAZZに興味を持つようになる。
山口のジャズライブで故日野元彦氏の演奏を聴き、弟子入りを決意。
その後、上京し元彦氏のボーヤ(バンドボーイ)をする。

23歳の時、秋山一将(g)クァルテットでプロとして活動をはじめ、
以後 故本田竹広(p)G、故鈴木宏昌(p)、吉岡秀晃(p)G、五十嵐一生(tp)G他、数多くのグループに参加。
そのほか、寺井尚子(vl)、高橋知己(ts)、西尾健一(tp)等と共演を重ねる。

2000年 和田誠監督、真田広之主演、映画「真夜中まで」にドラマーとして出演。

同年、日野皓正(tp)Gに入り、6年間レギュラーメンバ-をつとめる。
その間、国内他、インド・パキスタン、カンボジア、ラオス、ニューヨーク、韓国公演に参加。

2005年 日野皓正CDアルバム「ドラゴン」上海レコーディング

2006年 日野皓正CDアルバム「クリムゾン」にも参加。

現在は、鈴木央紹(ts)、市原ひかり(tp)、武田桂二(b)と、自己のリーダーグループを結成。

近年の活動目標として、山口でのサマーライブツアーを毎年計画している。微力だが地元に音楽で貢献できればと考えている。2009年は甚大な被害となった山口大雨土砂災害に対する募金を集めながらのライブを決行(名古屋、大阪にてご支援いただいた皆様、この場を借りて、心より深く御礼申し上げます。)

2009年 北九州Jazz Collectionにゲストプレイヤーとして出演し、岩崎大輔(p)、吉田次郎(g)と共演。
土岐英史(as)G、坂井紅介(b)G、等、数多くのグループに参加している。

浅草橋「HOT MUSIC SHOOL」では、ジャズの魅力を広くそして分かりやすく伝えるべく、ドラム科の講師を務めている。

女性の方がお金に困る時はいつか?聞いてみました。

給料の一割は会社帰りのタクシー代に消えています。

仕事で帰りが深夜になることがしょっちゅうです。普段は電車通勤なのですが、職場が駅から徒歩で二十分と遠く夜には人通りもまばらになるので、なんとなく怖くて駅まで歩く気になれません。

なので、そんなときにはタクシーを使います。このタクシー代がけっこうかさみます。大体、一回2000円ほどかかります。一か月に十回は利用しているので、給料のうちタクシー代に二万円使っている計算になります。

また、電車の定期も買っているので、会社に通うだけで大きな出費なのです。タクシーを使うのは贅沢というか私の勝手なので、会社に文句を言う筋合いではないのですが、時々女性は損だ、男性はいいなあと思ってしまいます。

会社だって、たとえば駅前や繁華街の中にあってくれたらタクシーを使わなくて済むのに、とか。交通費の出費が多い分、食費を削っています。毎日職場にはお弁当を持っていっています。

でも、ランチ代五百円を削ったところで、一回タクシーを利用したら努力も水の泡になるわけで、そう考えるとお弁当を作るモチベーションも下がってしまいます。

お弁当だってただじゃできないし、そうなると節約効果も一回の努力で五百円以下、ぜんぜんやる気がでません。もう家計のうちで節約できる部分もないので、アベノミクスで給料が上がるのを待っています。

身なりを整えることに関して

私がお金に困るのは美容代と洋服代など身なりを整えることに関してです。

会社の制服がなく私服で仕事をしなくてはならないのですが普段はかなりカジュアルな服装な服装なので、プライベートで着る服とは別にオフィスカジュアルテイストの服が必要になってきます。

水商売勤務の方もそうだと思います。(水商売の方でお金に困っている場合はこちらを参考にするといいですよ…≪水商売でも借りれるキャッシング≫)

また服に合わせて靴やカバンなど小物も必要になってくるのでこれだけでもかなりの出費になってしまいます。
確かに男性に比べると購入しやすい価格のものも多いのですが、やはり社会人である以上安っぽいものは身につけられないのです。

こうしたものに加えて日々のスキンケア用品や化粧品といった消耗品も懐に響きます。化粧もマナーですので崩れないもの、汚らしくみえないものを選ぶとなるとそれなりの価格がするものを使わざるをえません。

その他にも身だしなみを整える為に必要なこととして、ヘアカラーやヘアカット、トリートメントといったヘアケアにかかるお金や脱毛、ネイルケアにもかなりのお金がかかってしまいます。

一番こうした出費が痛いとかんじるのはゲストとして出席する結婚式です。ご祝儀の他にドレス代やパーティー小物をそろえ、さらにヘアメイクもするとなると男性に比べて出費が大きくなります。

おしゃれは楽しいですし女性として綺麗でいたいという思いはありますが、金銭面でみると困ります。

自分のステータスのために使うとき

女性は特有の見栄を張りたくなる瞬間があるんです。例えば、自分の彼氏・旦那がいかに素晴らしい人かを表現するとき。
これは「えっ」て、思うかもしれませんが本当です。これでお金に困ることがあるんです。

私の場合は、彼氏に買ってもらったもでなくても「これ、この前デートした時にお迎えしたの♪」と、いかにも彼氏に買ってもらった風にみせかけ、自分で買ってしまったパターン。
これで一時期、貧困に陥りました。今は金額は考えて使っています。

見栄を張るためだけにお金を使うので、美容とかにはあえてお金はかけずにいます。
なぜなら、”いいものを身に着けられるのは、優しい・お金に余裕ある・彼氏に愛されているから”を演じたいから。

あくまで、”自分のお金では買えないけど彼氏がいるから…感”を、出すのです。
だから髪の毛が少し痛んでいるのを周りに指摘されても「あ、そうなんだよね。でも、私はお金ないからさぁ~(悲)」と、言うんです。

こうすることで、彼氏の話に信憑性を持たせるんです。
けど、デートの時は彼氏にはそんなことを普段の自分がしてるとは絶対に言えません。

だから欲しいものを買うときは、今まで通り自分でお金を出します。
ただし、食事の会計なんかは予め彼にお金を渡して、彼に支払ってもらいます。

割り勘でも。そうすることで、”食事をご馳走して貰っている彼女の気分を味わえる”ので気にしません。
なので見栄のために使っていると、お金がどんどんなくなるので本当に困ります。しかし、そこは必要な出費と考えています。

女性社会の社内カーストで生き残り、上位にランクインしていなければ、バカにされたり、いじわるされたり、仕事の邪魔をされるので、自分の立場を守るためにも、強かにお金を使います。
だから毎月お金がギリギリです。

おつきあいはほどほどに

独身の場合は、やはり友達関係で困る頻度も異なると思います。

自分磨きやおしゃれ等によりお金をかける友達がいる方であれば、やはり同レベルのお金をかけないと自身だけ会話もあわなかったり、引け目を感じたりとししんどい思いをすることもあるでしょう。

日々つきあいがある方と優劣を感じる、劣等感を感じるのはやはり嫌でありそれを補うために見栄をはるためにお金を使うというわけであります。
女性とは、自身が日々交流がある方の中で一番格下というのは嫌でありだからといって一番上がいいといったわけではないと思います。

30前後の方であれば、結婚式等の参加による出費が多くなるということもあるでしょう。
年齢により出費となるお金の内容は異なるものであり、友達の多い・少ないも関係することだと思います。

既婚者で子どもがいる方であれば、ママ友との交流にお金が必要となることもあります。
同じものを購入としたい、同じものを持ちたいという方もいるようです。

そういう集まりに加わることで、出費も多くかかることでしょう。
子どもにお金をかけたいと思う方で習い事にかける方もいれば、洋服などの見た目にかけたいという方もいるでしょう。

お付き合いする方々にあわせて習い事や服のランクも異なってくると思います。
お金で一番困るのは、自身の生活のレベルに合わない方とのお付き合いだと思います。

交際費で独身時代の貯金が減っていきます。

私の場合は、交際費です。お友達から急に食事やドライブに誘われたり、お友達がすすめてくれた化粧品や雑貨を買わざるをえなくなったときに、予定外の出費で痛い目にあいます。

私が性格的に食事の誘いなどを断るのが苦手なうえに、食事自体は楽しいので、ついついすべての誘いにのってしまいます。誘いにのった後に、自己嫌悪で落ち込むこともしょっちゅうです。

また、独身のお友達が多いので、食事といってもファミレスではなく、イタリアンレストランなどです。結婚して専業主婦の私にとっては高いです。

私は自分のものを買うときや交際費は独身時代に貯めたお金から出しています。夫の給料から出すのは申し訳ない気がして。なので、通帳の残高がどんどん減っていくのを見るのはつらいです。

特に食べたくもないイタリアンを食べたり、飲みつけないワインを飲んだ後でお金を払うときは、つらさを通り越して腹立ちすら覚えます。

だったらお友達と会わなければいいじゃんとも思うのですが、それも嫌、お友達に愚痴をきいてもらうのが唯一のストレス解消法なので。一度、「お金が厳しいから、ファミレスがいいんだけど」と切り出してみようと思っているのですが、なかなかその勇気が持てません。

住宅ローンを35年で組みました

新築を建てましたので、もちろん住宅ローンを組みました。2400万くらいで35年ローンです。ローンが払い終わっている頃には私は73才ですw

新築を構築しているときは、もちろん家を建てることで必死です。どういう内装にしようかとか、家具はどうしようだとかで、頭がいっぱいの状態で、住宅ローンはどこがいいかなど評価している暇はありません。

このタイミングで建築業者は地元の金融機関を紹介して、どうですかと聞いてくる。購入者も、まぁ地元だし、近いからいいかなと思って、ローン契約を結んでしまうと、後になって、あれ?金利が若干高いなぁ~とか思ったりしてきます。

住宅ローンで単純に金利を比較するのであれば、断然に人件費がかからないインターネット銀行が一番安い数字が提供できますので、それと比較してみると若干の見劣りはします。まぁ、そこまで強烈に更改はしませんが、少し後悔はすると思います。

しかし、マイナス金利適用から住宅ローン金利はどんどん下がり、交渉のチャンスが出てきました。金利が下がらないなら他の金融機関に借り換えちゃおうかな~なんてにおわせると、必死こいて金利を下げてきますが、それでもギリギリ借り換えされない程度まで、下げてきます。

インターネット銀行と同じ金利までしてほしいんですが、それはどうしても出来ませんと言われてしまいます。まぁそれでもこのタイミングで長期の固定を結ぶことが出来れば、今後は低い金利で返済していくことが可能となりますので、とても助かると思います。2000万くらいを1%台で長期に借りれるというのはなかなかないと思います。

住宅ローンは、マイカーローンや教育ローンと比べると金利が圧倒的に低いので、住宅ローンを無理して返さないで、マイカーローンやショッピングローン・カードローンなどを組まないというのが理想的です。

でもついつち、急ぎでお金が必要な時に使ってしまうんですよね。。。<急ぎでお金を借りたい

あせって住宅ローンは返さないで、じっくり貯金を行い、他のローンを組まないというのが最終的には住宅ローンの繰り上げ返済につながっているのだと思います。

毛深い人は情も深いって言うけど・・・

子供の頃、足のすね毛を気にしていていつも長ズボンや長めのソックスを履いていました。

剃るとか抜くとか考えもしないでひたすら隠していたのですが、おばあちゃんがいつも「毛深い人は情も深いって言うんだよ」と言ってくれていました。

情が深い、の意味が分からず聞いてみたら「人を思いやれる人」と言われちょっと嬉しくなったものです。

正直、今となっては産毛が少し多いくらいで特に気にするほどではなかったのですが、今は女の子だけではなく男の子も毛深いことを嫌う傾向にあるようですね。

でもどうでしょう、毛深くても清潔であればワイルドでかっこいいのでは?

女の子は身だしなみとしてムダ毛処理をしますが、男性の俳優やアイドルを見ても毛深そうな人たくさんいますよね?

眉毛や頭髪を見ればだいたいわかるし、朝起きると眉毛がつながってるとか1日数回ヒゲをそるとかよく聞きますし。

そんな話をテレビで聞いたりしてると、勝手に「この人きっといい人だろうな~」って思っています。

昔おばあちゃんに言われたことがまだ心に残っているせいもあるかもしれません。

自分で気になるなら処理をすればいいし、気にならなければそのままでいいと思いますが、こんなふうに「毛深い人はいい人だ」と勝手に思ってる人間もいますので・・・。

なので、毛深くて悩んでいる人はそんなに深く考えなくてもいいんじゃないかな…と思います。

もちろんそんな簡単な事じゃない!って言われちゃうと思いますが、そこまで男性の毛深さを気にしている女性はいないと思いますよ。

さすがに女性の毛深い、っていうのはちょっとキツイかもしれませんが。。。

まぁ、最近は脱毛サロンや美容クリニックなどでレーザー脱毛されている方が増えていますもんね。

新宿とかにも駅前に多くのレーザー脱毛が行える美容クリニックがありますもんね。

比較的料金も安くなってきているので、最近は通いやすいみたいですしね。

男性の方でも、どうしても毛深いのが嫌だ!という方は脱毛処理するのもいいかもしれませんね。下手に自己処理した方が濃くなってしまう場合もありますしね。

これから迎える夏の時期。

気温も上がってきて、これから海開きやプールなど肌をさらす機会が増えてきます。

街を歩くにしても、涼しそうなハーフパンツやサンダル履きなど露出が増えます。

ここで問題なのが、毛深さ。そして尋常じゃない顔汗

遺伝の影響か、体毛が濃いです。体毛が濃い人は頭髪が薄くなりがちですが、運よくそこの部分はフサフサです。

問題の体毛ですが、全身が毛深くて困っています。

下から足の甲にちょんちょんと、濃いすね毛に太ももの毛、太ももの裏もです。お食事中の人にはちょっとお気の毒ですが、お尻。そして一番悩むのは胸毛です。もちろんヒゲも濃いですが。

上記で書いたように胸毛には苦労させられています。

夏は上半身裸になる機会がどうしても増えてきます。その時に周りの人にはないものが私にはあります。恥ずかしいことこの上ないです。

簡単な処理としては、剃ってしまう方法があります。しかし、若いころに気になって剃ったことがあるのですが、回数を追うごとに毛の範囲と濃さが増してくるような気がしてからは一切処理をしなくなりました。

女の子に聞いてみると大半の人が、足などがある程度毛深いのは気にならないが、胸毛があるのはちょっと引くという思いみたいで、ここ数年は、海やプールの類はいかないようになりました。

いっそ脱いでしまう、海やプールなら、こちらも見えているという覚悟がありますが、問題は街中に外出する時です。

夏場はTシャツ1枚ということが多い時期です。新品のTシャツならともかく、ちょっと着古したTシャツの場合、首元がゆるくなっており、かがんだ瞬間にのぞかれているのではないのかと余計な不安に駆られる時があります。

そのため、Tシャツは着ずにポロシャツのような、首元がボタンで閉めることができるものやチャックで上げ下げできるものを着るようにしています。

そして、一番大事なのはHの時。この場面では真っ裸です。毛深い部分がすべて見られてしまいます。

もう何度、毛深くなければ堂々と体を見せられるかと思いました。体型も細マッチョと言われるやせ型の筋肉質なのですが、すべてはこの毛深さのため自信を持つことができません。