ジャズドラム

井上功一プロフィール

1969年生まれ 山口県山口市出身
高校在学中にドラムをはじめ、マイルス デイビスを聴いて、JAZZに興味を持つようになる。
山口のジャズライブで故日野元彦氏の演奏を聴き、弟子入りを決意。
その後、上京し元彦氏のボーヤ(バンドボーイ)をする。

23歳の時、秋山一将(g)クァルテットでプロとして活動をはじめ、
以後 故本田竹広(p)G、故鈴木宏昌(p)、吉岡秀晃(p)G、五十嵐一生(tp)G他、数多くのグループに参加。
そのほか、寺井尚子(vl)、高橋知己(ts)、西尾健一(tp)等と共演を重ねる。

2000年 和田誠監督、真田広之主演、映画「真夜中まで」にドラマーとして出演。

同年、日野皓正(tp)Gに入り、6年間レギュラーメンバ-をつとめる。
その間、国内他、インド・パキスタン、カンボジア、ラオス、ニューヨーク、韓国公演に参加。

2005年 日野皓正CDアルバム「ドラゴン」上海レコーディング

2006年 日野皓正CDアルバム「クリムゾン」にも参加。

現在は、鈴木央紹(ts)、市原ひかり(tp)、武田桂二(b)と、自己のリーダーグループを結成。

近年の活動目標として、山口でのサマーライブツアーを毎年計画している。微力だが地元に音楽で貢献できればと考えている。2009年は甚大な被害となった山口大雨土砂災害に対する募金を集めながらのライブを決行(名古屋、大阪にてご支援いただいた皆様、この場を借りて、心より深く御礼申し上げます。)

2009年 北九州Jazz Collectionにゲストプレイヤーとして出演し、岩崎大輔(p)、吉田次郎(g)と共演。
土岐英史(as)G、坂井紅介(b)G、等、数多くのグループに参加している。

浅草橋「HOT MUSIC SHOOL」では、ジャズの魅力を広くそして分かりやすく伝えるべく、ドラム科の講師を務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です