住宅ローンを35年で組みました

新築を建てましたので、もちろん住宅ローンを組みました。2400万くらいで35年ローンです。ローンが払い終わっている頃には私は73才ですw

新築を構築しているときは、もちろん家を建てることで必死です。どういう内装にしようかとか、家具はどうしようだとかで、頭がいっぱいの状態で、住宅ローンはどこがいいかなど評価している暇はありません。

このタイミングで建築業者は地元の金融機関を紹介して、どうですかと聞いてくる。購入者も、まぁ地元だし、近いからいいかなと思って、ローン契約を結んでしまうと、後になって、あれ?金利が若干高いなぁ~とか思ったりしてきます。

住宅ローンで単純に金利を比較するのであれば、断然に人件費がかからないインターネット銀行が一番安い数字が提供できますので、それと比較してみると若干の見劣りはします。まぁ、そこまで強烈に更改はしませんが、少し後悔はすると思います。

しかし、マイナス金利適用から住宅ローン金利はどんどん下がり、交渉のチャンスが出てきました。金利が下がらないなら他の金融機関に借り換えちゃおうかな~なんてにおわせると、必死こいて金利を下げてきますが、それでもギリギリ借り換えされない程度まで、下げてきます。

インターネット銀行と同じ金利までしてほしいんですが、それはどうしても出来ませんと言われてしまいます。まぁそれでもこのタイミングで長期の固定を結ぶことが出来れば、今後は低い金利で返済していくことが可能となりますので、とても助かると思います。2000万くらいを1%台で長期に借りれるというのはなかなかないと思います。

住宅ローンは、マイカーローンや教育ローンと比べると金利が圧倒的に低いので、住宅ローンを無理して返さないで、マイカーローンやショッピングローン・カードローンなどを組まないというのが理想的です。

でもついつち、急ぎでお金が必要な時に使ってしまうんですよね。。。<急ぎでお金を借りたい

あせって住宅ローンは返さないで、じっくり貯金を行い、他のローンを組まないというのが最終的には住宅ローンの繰り上げ返済につながっているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です